今年2回目の職場訪問として洲本市の春陽荘へ見学訪問してきました。古き良き文化を今でも守っている高山さんに案内していただきました。ありがとうございました。

(春陽荘とは) 昭和16(1941)年に、造船業で富を得た岩木家の社長宅兼事務所として建てられました。427坪の広い敷地には、貴賓館、蔵、客殿、寝殿、常住殿など8棟の建物があり、平成16年に国の有形文化財に登録されています。貴賓館など一部に近代的な要素も取り入れた優雅な和風建築群は、建築家出江寛氏により設計された塀や門扉とともに、調和のとれた趣あるたたずまいを創りだしています。近年、高齢化や効率のみを求める社会の風潮に伴い、島の風景やくらしも移ろいつつありますが、この春陽荘もまた所有者による維持がむずかしくなり、長く門を閉ざしたままになっていました。そこで平成27年、このままでは痛み失われかねない貴重な文化財を現代に活かし後世に残そうと、当館を買い受け補改修に着手しました。今日では再現が難しい伝統の技、職人の遊び心が光る意匠、そして歴史文化的な価値を知っていただき、淡路島の新たな国際観光資源として再生しようという試みです。家主は高山傑様です。